ラッパー人物名鑑 『KREVA』

KREVAは、
日本のラッパー、シンガーソングライター、音楽プロデューサー、DJとしてもマルチな活躍をされています。また、2005年公開の映画『ローレライ』では小松春平役で俳優として映画出演をはたしています。
別名はDr. K、DJ名はDJ908です。(←クレバと読めますね)
ラップグループKICK THE CAN CREWのメンバーとしても知られています。
青森県弘前市で生まれ、東京都江戸川区で育ちました。

慶應義塾大学環境情報学部卒の名前どおりのクレバーな方。
大学在学中に小学校時代からの同級生CUE(現・CUEZERO)と一緒にBY PHAR THE DOPESTを結成して、アンダーグラウンドでの活動をスタートしました。
1997年からはKICK THE CAN CREWとしての活動を本格化し、MC兼トラックメーキン
グを担当していました。2002年には、「マルシェ」でNHK紅白歌合戦出場を果たします。
2004年6月からはKICK THE CAN CREWの活動を休止して、ソロでの活動になります。
2014年6月18日にソロデビュー10周年を迎えましたが、そのチャレンジ精神はデビュー当時と色褪せることがありません。

プロフィール

名前:KREVA(クレバ)

生年月日:1976年6月18日

本名:畠山貴士(はたけやまたかし)

出身地:青森県弘前市

趣味:サッカー

人物

学級委員長に抜擢されるようなキャラクター

小学校時代のリーダーシップを感じさせるエピソードですが、小学校4年生の時に千葉から東京へ引っ越したクレバは、引っ越してきた学期にもう学級委員長になってまったそうで根っからの学級委員キャラだったようです。

今も変わらないサッカー愛!ラップとの出会い

高校時代はサッカー部所属で子供の頃はプロサッカー選手を目指すほどサッカーに熱中していたようです。
中学2年生の頃にラップに出会い、サッカー部に所属しながらもラップの道へ進んでいきます。その出会いを自身は「やっと見つけたぞ」「翼を手に入れた」と語っています。
高校の卒業文集には「将来はヒップホップの世界でDJかラッパーとして君臨する」すると
記していたようで、その偉業は2006年2月リリースのセカンドアルバム『愛・自分博』でHIP HOPソロアーティストとしては史上初のウィークリーチャート初登場1位を獲得。

クレバはサッカーが大好き!

KICK THE CAN CREW時代もスタッフ等で構成されるサッカーチーム「東京忍者」の代表でした。そのサッカー好きは最たるものでツアー中のホテルでしばしばウイニングイレブン(サッカーゲーム)をしていることをブログに記しています。

また、最近ではJリーグ開幕25周年記念「J.LEAGUE 25th Anniversary LIVE」
に出演し、ブログの内容からへの思い入れの強さが伝わってきます。
「JUMP ON IT」 という曲中で好きなサッカー選手リカルド・クアレスマを次のようにリリックにしています。
「“クアレスマの右足アウトサイドばり曲がった思想のアウトサイダーもいつの間にやら
インサイダー“」

過去にはMCバトルにも参加していた

KREVAは過去に「B BOY PARK(ビーボーイパーク)」というMCバトルにも参加していて、
3連覇を果たしています。

また、
この大会の過去の優勝者には、
「漢akaGAMI」「般若」
「晋平太」などがいます。

KREVAの動画まとめ




評判

コメント

タイトルとURLをコピーしました